オススメ白髪対策法☆

年齢を重ねるとあちこちにお手入れが必要になってくるものです。
とりわけ白髪は厄介な存在ではないでしょうか?30代後半あたりからチラホラ…40代には本格的に…。
白髪だって素敵!とありのままを受け入れられるのはおばあちゃんになるまできっと無理でしょう。
白髪対策とは長くつき合っていかなければならないはず。
セルフで行う白髪染めもドラッグストア等で多数揃えられていますよね。
白髪は油断するとすぐに生え際などにチラホラするイメージですから手軽に対策ができるのはありがたいのですが、わずらわしさや染め残し、それに頭皮へのダメージも気になります。
そんな悩みを解決してくれそうなのが、白髪染め効果があるシャンプー。
一旦ブリーチしてそこに色を入れていく白髪染めに対し、髪の表面に色をのせるだけなので染まりが甘いと感じるかもしれません。
また、使い続けることで徐々に染まっていくので即効的な対策にはなりませんが、低刺激で頭皮にやさしいので安心です。
何より普通にシャンプーをすればいいだけなので、どんなに不器用でも染め残しの心配はありませんし、白髪染めに時間をとられずに済むのはうれしいですね。

 

外出前にふと生え際に白髪を発見してしまった時には、塗って隠すタイプの商品が便利です。
小さなブラシのようなノズルから出る泡を白髪の上にのせるだけ。
ひどく汗をかいた場合や雨に濡れると残念ながら流れ落ちてしまいますが、手軽だし、価格も手頃なので持っておくと重宝しますよ♪

 

産後の抜け毛の原因とは?

産後、2〜3ヶ月後から抜け毛に悩む産婦さんが多いと思います。私もその一人でした。話しには聞いていましたが、実際に自分の身に起こると、かなり動揺します。何故なら、想像以上の量の髪の毛が、一度にごっそりと抜けるからです。

 

髪の毛を洗うとき、髪をとかすとき、何気なく髪の毛を書き上げたとき、子どもに髪の毛を引っ張られたとき。。。なんの抵抗もなくするすると、驚く量の髪の毛が抜け落ちます。

 

これは、産後のホルモンバランスが激変するからだと言われていますが、その他にも産後の体の疲れや、ままならない育児のストレスなどなど、様々な要因が考えられます。
新生児は夜型なので、夜中に何度も授乳をしたり、おむつを変えたり、抱っこしたり、24時間気の休まることのない時期です。

 

ただでさえ、産後の体はかなりのダメージを受けているのに、そこへ寝不足や、授乳で栄養分がとられるなどのダメージが加わるのですから、体に変化が起こらない方が不思議です。

 

この抜け毛、いつまで続くのだろう。。。と不安に思う方も多いと思いますが、大丈夫です。必ず終わりは来ます。私の場合は長春毛精を使ってから3週間くらいで終わりました。段々抜け毛が減ってきて、終息します。

 

そして、そのあとはツンツンと新しい毛が生えていて、暫くは髪型が決まりませんが、これもそのうち整います。なので、心配せずに、誰しもとおる道と腹をくくって、おおらかに過ごしてほしいと思います。

 

可愛い我が子の為に、母は様々な痛みや辛さも乗り越えられるものですが、軽々とはいきませんね。色んな思いをしながら親になっていくのかもしれないなぁ、と思います。

 

PR:乳酸菌が欲しい方はラクレンズ 効果を体験しませんか?